TOP > 学会情報 > 2013年
学会情報 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年以前
学会情報
2013年
第11回 日本形成外科学会基礎学術集会 ランチョンセミナー3 (終了)

PDFダウンロード
日時
2013年11月8日(金)
会場
朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
テーマ
「bFGFの基礎研究から何を学ぶか。そして、いかに応用するか。」
座長
獨協医科大学 形成外科 教授 朝戸 裕貴 先生
演者
大阪大学医学部 形成外科 助教 金澤 成行 先生
共催
第11回 日本形成外科学会基礎学術集会
科研製薬株式会社
日本マイクロサージャリー学会40周年記念学術集会 企画講演 (終了)

PDFダウンロード
日時
2013年9月27日(金)
会場
いわて県民情報交流センター
テーマ
「生体内微小環境を再生するbFGFワールドへの誘い」
司会
新潟大学大学院医歯学総合研究科 形成外科 教授 柴田 実 先生
演題1
「リンパ管再生のkey playerとしてのbFGF」
演者1
名古屋大学大学院医学系研究科 手の外科学 教授 平田 仁 先生
演題2
「bFGFを利用した組織再生のfront line」
演者2
近畿大学医学部 形成外科学教室 主任教授 磯貝 典孝 先生
共催
日本マイクロサージャリー学会40周年記念学術集会
科研製薬株式会社
第8回 瘢痕・ケロイド治療研究会 ランチョンセミナー(終了)

PDFダウンロード
日時
2013年8月31日(土)
会場
かでる2・7(札幌市)
テーマ
「創傷治癒とPRP療法について」
座長
日本医科大学 形成外科 教授 百速 比古 先生
演者
関西医科大学医学部 形成外科 教授 楠本 健司 先生
共催
第8回 瘢痕・ケロイド治療研究会
科研製薬株式会社
第15回 日本褥瘡学会学術集会 ランチョンセミナー1 (終了)

PDFダウンロード
日時
2013年7月19日(金)
会場
神戸国際展示場ほか
テーマ
「地域医療における在宅褥瘡ケア ~継続可能なケアを目指して~」
司会
群馬大学大学院医学系研究科 皮膚科学 教授 石川 治 先生
演題1
「最高の褥瘡ケアを目指して ~在宅における褥瘡治療と連携~」
演者1
ふくろ皮膚科クリニック 院長 袋 秀平 先生
演題2
「在宅褥瘡ケアにおける連携 ~その実際と効果~」
演者2
群馬県看護協会訪問看護ステーション 皮膚・排泄ケア認定看護師 岡部 美保 先生
共催
第15回 日本褥瘡学会学術集会
科研製薬株式会社
第112回 日本皮膚科学会総会 ランチョンセミナー5 (終了)

PDFダウンロード
日時
2013年6月14日(金)
会場
パシフィコ横浜
演題
「糖尿病足病変における外用剤の使い方のコツ」
司会
昭和大学医学部皮膚科 教授 末木博彦 先生
演者
大阪市立大学大学院医学研究科皮膚病態学 講師 中西健史 先生
共催
第112回 日本皮膚科学会総会
科研製薬株式会社
第39回 日本熱傷学会総会・学術集会 ランチョンセミナー1 (終了)

PDFダウンロード
日時
2013年6月6日(木)
会場
万国津梁館(沖縄)
演題
「熱傷の創傷管理 up date」
司会
防衛医科大学校 防衛医学研究センター外傷研究部門 教授 齋藤大蔵 先生
演者
産業医科大学病院 形成外科 准教授 安田 浩 先生
共催
第39回 日本熱傷学会総会・学術集会
科研製薬株式会社
第56回 日本形成外科学会総会・学術集会 ランチョンセミナー5 (終了)

PDFダウンロード
日時
2013年4月3日(水)
会場
京王プラザホテル
演題
「形成外科領域におけるbFGF製剤の位置づけ」
司会
愛知医科大学形成外科 教授 横尾 和久 先生
演者
鳥取大学医学部附属病院 形成外科 診療教授 中山 敏 先生
共催
第56回 日本形成外科学会総会・学術集会
科研製薬株式会社
第18回 日本形成外科手術手技学会 ランチョンセミナー3 (終了)

PDFダウンロード
日時
2013年2月23日(土)
会場
東京女子医科大学弥生記念講堂
演題
「形成外科手術手技の開発のために今何ができるか?」
座長
東京医科歯科大学 形成外科 教授 岡崎 睦 先生
演者
日本医科大学 形成外科 小川 令 先生
共催
第18回 日本形成外科手術手技学会
科研製薬株式会社
第11回日本フットケア学会/第5回日本下肢救済・足病学会合同学術集会 モーニングセミナー1 (終了)

PDFダウンロード
日時
2013年2月10日(日)
会場
パシフィコ横浜
テーマ
「治らない足の潰瘍をどう治すか?-医師の立場から、看護師の立場から-」
座長
愛知医科大学 血管外科 教授 太田 敬 先生
演題1
「足の難治性創傷に対する医師と各専門職によるチーム医療」
演者1
しぶや皮ふ科・形成外科、大分岡病院形成外科・創傷ケアセンター 澁谷 博美 先生
演題2
「杏林大学病院での足潰瘍治療における看護師の役割」
演者2
杏林大学医学部付属病院 看護部 師長 丹波 光子 先生
共催
第11回日本フットケア学会/第5回日本下肢救済・足病学会合同学術集会
科研製薬株式会社
▲ページトップに戻る


科研製薬株式会社