TOP > 学会情報 > 2003年
学会情報 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年以前
学会情報
2003年
第33回日本創傷治癒学会(終了)
日時
2003/12
会場
千葉
テーマ
「塩基性線維芽細胞増殖因子と再生医療」
座長
慶応大形成外科教授 中島龍夫 先生
演者
京大生体組織工学教授 田畑泰彦 先生
第54回日本皮膚科学会中部支部大会(終了)
日時
2003/11
会場
大阪
テーマ
「創傷治療-再生医療の最前線- 」
座長
和歌山医大皮膚科教授 古川福実 先生
演題1
「難治性皮膚潰瘍-治療の工夫-」
演者
和歌山医大皮膚科助教授 上出康二 先生
演題2
「種々の細胞成長因子を産生する同種培養真皮を用いた臨床研究」
演者
北里大人工皮膚研究開発センター 黒柳能光 先生
第55回日本皮膚科学会西部支部大会(終了)
日時
2003/10
会場
愛媛
テーマ
「皮膚創傷治癒研究のトレンド-bFGFをめぐる新たな知見-」
座長
京大皮膚科教授 宮地良樹 先生
演題1
「bFGFによる血管新生の新たなメカニズム-皮膚微小血管内皮細胞におけるSTAT3の働きについて-」
演者
愛媛大皮膚科 八幡陽子 先生 
演題2
「皮膚潰瘍治療における消毒の功罪と局所療法の選択」
演者
東京医大皮膚科教授 坪井良治 先生
第12回日本形成外科学会基礎学術集会(終了)
日時
2003/10
会場
東京
テーマ
「骨関節への再生医療の応用」
座長
東邦大形成外科教授 丸山優 先生
演者
奈良県立医大整形外科教授 高倉義典 先生 
第5回日本褥瘡学会(終了)
日時
2003/08
会場
大宮
テーマ
「褥瘡治療における医療経済的メリット-フィブラストスプレーを使用して-」
座長
北大名誉教授 大浦武彦 先生
演題1
「症例報告」
演者
青葉病院院長 中條俊夫 先生
演題2
「統計と医療経済」
演者
北大名誉教授 大浦武彦 先生
第29回日本熱傷学会総会 (終了)
日時
2003/06
会場
大阪
座長
東京女子医大形成外科教授 野崎幹弘 先生
演題1
「Nursing Care of the Burn-Ingured Patient in the United States」
演者
Harborview Medical Center,U.A.A Mrs. Gretchen J. Carrougher
演題2
「熱傷・熱傷潰瘍治療におけるbFGFの臨床効果と将来への展望」
演者
長崎大形成外科講師 田中克己 先生
第102回日本皮膚科学会(終了)
日時
2003/05
会場
浦安
テーマ
「bFGF製剤の創傷治癒理論に基づいた皮膚潰瘍の治療」
座長
東大皮膚科教授 玉置邦彦 先生
演題1
「難治性皮膚潰瘍の成因と治療-細胞増殖因子製剤の意義と応用を中心に-」
演者
金沢大皮膚科教授 竹原和彦 先生
演題2
「皮膚潰瘍治療の実践」
演者
京都府大皮膚科教授 岸本三郎 先生
第19回日本臨床皮膚科医学会(終了)
日時
2003/04
会場
京都
テーマ
「Office Dermatologyにおける褥瘡-基礎と臨床-」
座長
愛媛大皮膚科教授 橋本公二 先生
演題1
「病態に応じた慢性皮膚潰瘍・褥瘡の治療」
演者
東京医大皮膚科教授 坪井良治 先生
演題2
「在宅における褥瘡の治療とケア」
演者
山本皮膚科医院 山本泉 先生
第46回日本形成外科学会(終了)
日時
2003/04
会場
神戸
テーマ
「bFGF製剤-作用機序および臨床的有用性-」
座長
北大名誉教授 大浦武彦 先生、北大形成外科教授 杉原平樹 先生
演題1
「難治性潰瘍治療におけるbFGF製剤の新しい展開」
演者
埼玉医大形成外科助教授 市岡滋 先生
演題2
「褥瘡における薬剤の新しい評価法-bFGGF製剤の評価と臨床-」
演者
北大名誉教授 大浦武彦 先生
第66回日本皮膚科学会東京支部大会(終了)
日時
2003/02
会場
東京
テーマ
「創傷治癒理論に基づいた皮膚潰瘍の治療」
座長
東大皮膚科教授 玉置邦彦 先生
演者
NTT東日本関東病院皮膚科部長 五十嵐敦之 先生
第3回日本褥瘡学会中国四国地方会(終了)
日時
2003/01
会場
徳島
テーマ
「創傷治癒メカニズムに基づく褥瘡の治療」
座長
高知医大総合診療部教授 倉本秋 先生
演者
京大形成外科教授 鈴木茂彦 先生
▲ページトップに戻る


科研製薬株式会社