科研製薬株式会社
世界初!ヒトbFGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)製剤 フィブラストスプレー250/500
概要 禁忌、効果・効能等 フィブラストスプレーの使い方 FAQ
ドラッグインフォメーション 創傷治療関連ツール 論文紹介 学会/展示情報
フィブラストスプレー情報サイト > ホーム > 概要[特徴]
開発経緯
特徴
物性
名称に関する項目
原薬の物性
製剤の物性

フィブラストスプレーの概要 [特徴]

1 世界初のヒトbFGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)製剤です。
2 血管新生作用及び線維芽細胞増殖促進作用により新生血管に富んだ良性肉芽を形成させます。(in vitro、ウサギ、ラット、ヒト)
フィブラストスプレーの作用
3 1日1回の噴霧で褥瘡、皮膚潰瘍(熱傷潰瘍、下腿潰瘍)の創傷治癒を促進させます。
4 使用が簡便なスプレータイプの外用液剤です。
5 総症例729例中、副作用が認められたのは11例(1.51%)17件で、その主なものは投与部位での刺激感・疼痛7件(0.96%)、発赤3件(0.41%)、そう痒感3件(0.41%)等でした。
本剤投与による臨床検査値の異常変動は729例中41例(5.62%)58件に認められ、その主なものはALT(GPT)上昇612例中15件(2.45%)、AST(GOT)上昇611例中7件(1.15%)等でした。(承認時)
使用成績調査3,411例中125例(3.66%)に副作用が認められました。主な副作用過は、過剰肉芽組織35件(1.03%)、投与部位の疼痛8件(0.23%)等でした。(再審査終了時)

ページトップへ


科研製薬ウェブサイトにおける個人情報等の取り扱いについてお問い合わせ科研製薬株式会社

クレナフィン情報サイトセプラフィルム情報サイトリピディル情報サイト
クレキサン情報サイトプロサイリン情報サイトベラサス情報サイト
エブランチル製品情報サイトヒアルロン酸と関節痛の情報サイト閉塞性動脈硬化症(ASO)情報サイト
帝王切開ナビ

Copyright(C) Kaken Pharmaceutical Co., Ltd. All Rights Reserved.