TOP > 使い方 > 創傷被覆材(ドレッシング材)との併用
使い方 基本的な使い方 軟膏剤との併用 創傷被覆材(ドレッシング材)との併用 人工真皮との併用 褥瘡ポケットに対する使用
人工真皮との併用
熱傷をはじめ、外傷などの真皮・軟部組織欠損創に対して植皮術を行う際、植皮前の母床作りのために人工真皮を用いることがあります。その際、フィブラストスプレーを噴霧することにより、植皮の良好な生着、さらには治癒の質(QOWH)を向上させることが報告されています。
フィブラストスプレーと人工真皮を併用する場合は、以下の資料をご参考ください。
実際の処置の流れ
①壊死組織等の除去

②創面の洗浄

③清拭

④創面にフィブラストスプレーを噴霧
【患部の最大径が6cm以内の場合】
1日1回約5cm離して5噴霧してください。
【患部の最大径が6cmを超える場合】
最初のスプレー面にできるだけ重ならないよう、さらに5噴霧してください。
⑤人工真皮を貼付。
資料提供 : 小野 一郎 先生(札幌医科大学皮膚科)
参考資料:人工真皮との併用に関する参考資料はこちら
人工真皮の組織接着面にフィブラストスプレーを噴霧し貼付(下腿潰瘍)

臨牀と研究:80(11),2103-2105,2003.
▲ページトップに戻る


科研製薬株式会社