TOP > 学会情報 > 2002年
学会情報 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年以前
学会情報
2002年
第32回日本創傷治癒学会(終了)
日時
2002/12
会場
福岡
テーマ
「創傷治癒促進剤、bFGF製剤の新たなる臨床応用-基礎および臨床からの可能性-」
座長
金沢医大形成外科教授 川上重彦 先生
演題1
「「創傷治癒型」増殖因子FGF-2による階層的血管新生誘導メカニズム」
演者
九大病理 米満吉和 先生
演題2
「創傷治癒におけるbFGFの有用性と新しい臨床応用の可能性」
演者
埼玉医大形成外科助教授 市岡滋 先生
第66回日本皮膚科学会東部支部大会(終了)
日時
2002/10
会場
つくば
テーマ
「創傷治癒と細胞増殖因子-フィブラストスプレー(bFGF製剤)の臨床応用-」
座長
群大皮膚科教授 石川治 先生
演題1
「難治性皮膚潰瘍の治療-血行障害性潰瘍を中心として-」
演者
東大皮膚科助教授 菊池かな子 先生
演題2
「トラフェルミン(bFGF)製剤の基礎と臨床」
演者
東京医大皮膚科教授 坪井良治 先生
第53回日本皮膚科学会中部支部大会(終了)
日時
2002/09
会場
岐阜
テーマ
「創傷治癒からみたbFGF製剤の位置付け-変わりつつある褥瘡・皮膚潰瘍の薬物治療-」
座長
浜松医大皮膚科教授 瀧川雅浩 先生
演題1
「難治性皮膚潰瘍とサイトカイン」
演者
東大皮膚科助教授 菊池かな子 先生 
演題2
「軟膏派?それとも閉塞性ドレッシング派?」
演者
高知医大総合診療部教授 倉本秋 先生
第4回日本褥瘡学会(終了)
日時
2002/08
会場
金沢
テーマ
「褥瘡治療とケアの新しい流れ」
座長
川崎医大形成外科教授 森口隆彦 先生
演題1
「新たな褥瘡保存的治療の実際」
演者
関西医大皮膚科講師 河合修三 先生
演題2
「褥瘡ケアの新しい流れ」
演者
福岡大学病院看護相談室看護師長 梶西ミチコ 先生
第101回日本皮膚科学会(終了)
日時
2002/06
会場
熊本
テーマ
「皮膚潰瘍とbFGF-その有用性と可能性について-」
座長
九州大皮膚科教授 古江増隆 先生
演題1
「Recombinant basuc Fibroblast Growth Factorの基礎と臨床」
演者
札幌医大皮膚科講師 小野一郎 先生
演題2
「催血管新生の観点から見た新しい皮膚潰瘍治療法」
演者
北野病院皮膚科部長 戸田憲一 先生
第45回日本形成外科学会 (終了)
日時
2002/04
会場
長崎
テーマ
「創傷治癒促進剤-フィブラストスプレーの臨床的有用性-」
座長
東大形成外科教授 波利井清紀 先生
演題1
「難治性潰瘍に対するフィブラストスプレーの有用性と新しい臨床展開-皮弁生着への影響-」
演者
金沢医大形成外科教授 川上重彦 先生
演題2
「褥瘡に対するフィブラストスプレーの効果的な使用方法」
演者
帝京大形成外科講師 館正弘 先生
第65回日本皮膚科学会東京支部大会(終了)
日時
2002/02
会場
東京
テーマ
「循環障害」
座長
日医大皮膚科教授 川名誠司 先生
演者
東邦大大橋第二皮膚科教授 斉藤隆三 先生
第2回日本褥瘡学会中国四国地方会(終了)
日時
2002/01
会場
山口
テーマ
「見直されはじめた褥瘡治療-細胞増殖因子の利用-」
座長
山口県立中央病院形成外科 村上隆一 先生
演者
愛媛県立中央病院形成外科 小林一夫 先生
▲ページトップに戻る


科研製薬株式会社