TOP > 禁忌、効能・効果 > 禁忌
禁忌、効能・効果 禁忌 効能・効果 用法・用量
禁忌 (次の患者には投与しないこと)
1.投与部位に悪性腫瘍のある患者又はその既往歴のある患者[本剤が細胞増殖促進作用を有するため(「重要な基本的注意」の項参照)。]
2.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
効能・効果
褥瘡、皮膚潰瘍(熱傷潰瘍、下腿潰瘍)
用法・用量
添付溶解液1mL当たりトラフェルミン(遺伝子組換え)として100μgを用時溶解し、潰瘍面を清拭後、本剤専用の噴霧器を用い、1日1回、潰瘍の最大径が 6cm以内の場合は、潰瘍面から約5cm離して5噴霧(トラフェルミン(遺伝子組換 え)として30μg)する。潰瘍の最大径が6cmを超える場合は、薬剤が同一潰瘍面に5噴霧されるよう、潰瘍面から約5cm 離して同様の操作を繰り返す。


科研製薬株式会社