TOP > 学会情報 > 2009年
学会情報 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年以前
学会情報
2009年
第18回 国際形成外科学会アジア太平洋地区会議 共催セミナー ランチョンセミナー3 (終了)

PDFダウンロード
日時
2009/10/08(木)
会場
ハイアット リージェンシー東京
演題
「Current Wound Management in Japan」
座長
大阪大学医学部 形成外科 教授 細川亙 先生
演者
埼玉医科大学 形成外科 教授 市川滋 先生
共催
第10回 国際形成外科学会アジア太平洋地区会議
科研製薬株式会社
第18回 日本形成外科学会基礎学術集会 共催セミナー ランチョンセミナー1 (終了)

PDFダウンロード
日時
2009/10/01(土)
会場
都市センターホテル
演題
「ビデオマイクロスコープによるⅡ度熱傷創の観察」
座長
東京医科大学八王子医療センター 形成外科 教授 菅又章 先生
演者
日本大学医学部 形成外科 磯野伸雄 先生
共催
第18回 日本形成外科学会基礎学術集会
科研製薬株式会社
第11回 日本褥瘡学会学術集会 共催セミナー ランチョンセミナー14 (終了)

PDFダウンロード
日時
2009/09/05(土)
会場
大阪国際会議場
演題
「褥瘡を診る看護の目、医師の目」
座長
九州大学大学院医学研究院 皮膚科学分野 教授 古江増隆 先生
演題1
「リスクアセスメントに基づく褥瘡予防-摩擦・ずれ・湿潤に注目して-」
演者
岐阜大学医学部附属病院 生体支援センター 皮膚・排泄ケア認定看護師 木下幸子 先生
演題2
「Deep Tissue Injuryの診断と治療」
演者
東京大学大学院医学系研究科 皮膚科学 講師 門野岳史 先生
共催
第11回 日本褥瘡学会学術集会
科研製薬株式会社
第4回 瘢痕・ケロイド治療研究会 共催セミナー ランチョンセミナー (終了)

PDFダウンロード
日時
2009/08/30(土)
会場
日本青年館
座長
北海道大学大学院医学研究科 形成外科学分野 教授 山本有平 先生
演題
「ケロイド・肥厚性瘢痕治療の現状と今後の展望」
演者
昭和大学医学部 形成外科 准教授 土佐泰祥 先生
共催
第4回 瘢痕・ケロイド治療研究会
科研製薬株式会社
第35回 日本熱傷学会総会・学術集会  共催セミナー ランチョンセミナー1 (終了)

PDFダウンロード
日時
2009/06/04(木)
会場
ホテルメトロポリタン(JR池袋駅西口前)
座長
星ヶ丘厚生年金病院 病院長 杉本 壽 先生
演題
熱傷初期診療におけるガイドラインの意義-ガイドラインの国際比較-
演者
東北大学大学院医学系研究科 外科病態学講座 救急医学分野 講師 佐々木淳一 先生
共催
第35回 日本熱傷学会総会・学術集会
科研製薬株式会社
第108回 日本皮膚科学会総会 共催セミナー ランチョンセミナー18 (終了)

PDFダウンロード
日時
2009/04/26(日)
会場
福岡国際会議場
座長
虎の門病院皮膚科 部長 大原國章 先生
演題
「皮膚潰瘍治療におけるbFGF製剤の位置づけ」
演者
NTT東日本関東病院皮膚科 部長 五十嵐敦之 先生
共催
第108回 日本皮膚科学会総会
科研製薬株式会社
第52回 日本形成外科学会総会・学術集会 共催セミナー ランチョンセミナー12 (終了)

PDFダウンロード
日時
2009/04/24(金)
会場
パシフィコ横浜
テーマ
熱傷診療ガイドライン~初期局所療法~
座長
川崎医療福祉大学感覚矯正科 特任教授 森口隆彦 先生
演題1
「熱傷治療におけるbFGF製剤の役割~日本熱傷学会診療ガイドラインを踏まえて~」
演者
産業医科大学病院形成外科 准教授 安田 浩 先生
演題2
「熱傷治療におけるbFGF製剤の有効性」
演者
長崎大学病院形成外科 併任講師 秋田定伯 先生
共催
第52回 日本形成外科学会総会・学術集会
科研製薬株式会社
第1回 日本創傷外科学会総会・学術集会 共催セミナー ランチョンセミナー (終了)

PDFダウンロード
日時
2009/01/16(金)
会場
霞山会館
座長
金沢医科大学形成外科 教授 川上重彦 先生
演題
「感染創、難治性潰瘍に対する創内持続陰圧洗浄療法を含めた集学的治療」
演者
久留米大学医学部形成外科・顎顔面外科 教授 清川兼輔 先生
共催
第1回 日本創傷外科学会総会・学術集会
科研製薬株式会社
▲ページトップに戻る


科研製薬株式会社