TOP > 使い方 > 創傷被覆材(ドレッシング材)との併用
使い方 基本的な使い方 軟膏剤との併用 創傷被覆材(ドレッシング材)との併用 人工真皮との併用 褥瘡ポケットに対する使用
創傷被覆材(ドレッシング材)との併用
創の湿潤環境を調節するため、滲出液の量に応じて創傷被覆材(以下ドレッシング材)を使用しますが、その際、フィブラストスプレーとドレッシング材との併用により、ドレッシング材単独の場合と比べ治癒期間が約1/2に短縮されることが報告されています。
(褥瘡会誌6(1):23-24,2004.)

【フィブラストスプレーとの併用の際には、次の点にご注意ください。】
1日1回フィブラストスプレーを噴霧後、30秒静置した後にドレッシング材を貼付してください。
実際の処置の流れ
①壊死組織等の除去

②創面の洗浄

③清拭

フィブラストスプレーを噴霧
【患部の最大径が6cm以内の場合】
1日1回約5cm離して5噴霧してください。
【患部の最大径が6cmを超える場合】
最初のスプレー面にできるだけ重ならないよう、さらに5噴霧してください。
噴霧後30秒間静置した後、 ドレッシング材を貼付する。

⑥必要に応じて上からフィルム材を貼付する。
⑦以上の操作をドレッシング材の交換時に行う。
資料提供 : 小野 一郎 先生(札幌医科大学皮膚科)
▲ページトップに戻る


科研製薬株式会社