TOP > 学会情報 > 2005年
学会情報 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年以前
学会情報
2005年
第35回日本創傷治癒学会 共催セミナー ランチョンセミナー (終了)

PDFダウンロード
日時
2005/12/06(火)
会場
全共連ビル本館4階 大会議室(東京)
テーマ
「創傷治療:最新のコンセプトとストラテジー」
座長
東京女子医科大学形成外科 教授 野崎幹弘 先生
演題1
「新しい褥瘡のコンセプトとガイドライン」
演者
東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻 老年看護学分野 真田弘美 先生
演題2
「創傷治癒・難治性潰瘍へのストラテジー」
演者
埼玉医科大学形成外科 助教授 市岡 滋 先生
第14回日本形成外科学会基礎学術集会  共催セミナー イブニングセミナー (終了)

PDFダウンロード
日時
2005/10/14(金)
会場
高輪プリンスホテル 第一会場 プリンスルーム(B1F)(東京)
座長
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 発生分化機能再建学 教授 平野明喜 先生
演題
「再生医療を支えるTissue Engineeringの最前線」
演者
京都大学再生医科学研究所 生体組織工学研究部門 生体材料学分野 教授 田畑泰彦 先生
第54回東日本整形災害外科学会 共催セミナー 教育セミナー (終了)

PDFダウンロード
日時
2005/09/23(金)
会場
新高輪プリンスホテル 国際館パミール(東京)
座長
東海大学医学部医学科外科学系整形外科学 教授 持田讓冶 先生
演題
「皮膚組織欠損に対する生体内細胞誘導を用いた再生医療の応用」
演者
京都大学 感覚運動系外科学講座形成外科 教授 鈴木茂彦 先生
第8回日本組織工学会 共催セミナー ランチョンセミナー (終了)

PDFダウンロード
日時
2005/09/01(木)
会場
赤坂プリンスホテル(東京都)
座長
京都大学再生医科学研究所 生体材料分野 教授 田畑泰彦 先生
演題
「bFGFタンパクのピンポイントデリバリーによる血管再生医療」
演者
東京大学医学部付属病院ティッシュエンジニアリング部 血管再生医療 客員助教授 小山博之 先生
第7回日本褥瘡学会学術集会 共催セミナー ランチョンセミナー (終了)

PDFダウンロード
日時
2005/08/26(金)
会場
パシフィコ横浜(横浜市)
座長
山口県立大学看護学部 教授 田中マキ子 先生
演題
「褥瘡ケア・治療 ここがポイント-bFGF製剤の正しい使い方-」
演者
NTT東日本関東病院皮膚科部長 五十嵐敦之 先生
第31回日本熱傷学会総会・学術集会 共催セミナー ランチョンセミナー (終了)
日時
2005/06/03(金)
会場
パシフィコ横浜(横浜市)
テーマ
「熱傷に対する最新の薬物治療-bFGF製剤を中心に-」
司会
関西医科大学形成外科教授 小川豊 先生
演題1
「熱創傷治癒を促進させるために:外用剤の工夫」
演者
大阪市立大学形成外科講師 原田輝一 先生
演題2
「熱傷潰瘍に対する治療選択肢:bFGF製剤の適応と効果」
演者
長崎大学医学部形成外科助教授 田中克己 先生
第37回日本結合組織学会学術大会(終了)
日時
2005/05
会場
富山
座長
九州大学医学部整形外科教授 岩本幸英 先生
演題
「クロマティンを介した発生学と関節再生医療」
演者
国立成育医療センター研究所/スクリプス研究所 浅原弘嗣 先生
第104回日本皮膚科学会総会(終了)
日時
2005/04
会場
横浜
テーマ
「bFGFに新発見!-創傷治癒過程にどう関わるのか-」
座長
東京大学大学院医学系研究科皮膚科学教授 玉置邦彦 先生
演題1
「bFGF/FGF-2の血管新生メカニズム:特にリンパ管新生に注目して」
演者
九州大学大学院医学研究院病理病態学助教授、 千葉大学大学院医学研究院遺伝子治療学助教授 米満吉和 先生
演題2
「皮膚疾患とbFGF」
演者
東京大学大学院医学系研究科皮膚科学助教授 菊池かな子 先生
第68回日本皮膚科学会東京支部学術大会(終了)
日時
2005/02
会場
東京
座長
旭川医科大学皮膚科教授 飯塚一 先生
演題
「ここまで進んだ再生医療の実際-それを支える生体組織工学-」
演者
京都大学再生医科学研究所生体組織工学研究部門生態材料学分野 田畑泰彦 先生
▲ページトップに戻る


科研製薬株式会社